CONCEPT
ダンスを通じて、強くてしなやかな心身を育む。

日々のお稽古は、常に自分を見つめ今日より明日、未来の新しい自分に出会うため、こつこつとお稽古を積み重ね、繰り返す根気と努力が必要な作業です。一見華やかさばかりがイメージされるダンスの世界ですが、それとは逆にたんたんとやり抜くひたむきさが必要です。幼い頃から自分と向き合い、研鑽することを癖づける事で心と身体がフィットしたぶれない人間性を育みます。

幼児期からダンスを習うメリットとは?

Chihiro’sカンパニィーでは、3歳から通っているお子さんもいらっしゃいます。
親の手から離れて、小集団の中でお友達と一緒に
体を動かしながら指導者から学ぶ、という経験を通じて、様々な力を育みます。

ダンスを通じて育てる3つの力

柔軟性、リズム感、
美しい姿勢と強い体

幼児期のからだの成長にあわせて無理のないストレッチで柔軟性を養い、この時期ならではのリズム感の発達を促すトレーニングを行います。ダンスレッスンの基礎を幼い頃から繰り返す事により、踊れるからだを作るのはもちろんのこと、日常生活でもバランスの取れた美しいからだ、姿勢を自然にキープして健康で強いからだを目指します。

自分で考え
行動する自立心

「ああしよう」「こうやって!」言葉で指示してしまうのは簡単です。レッスンの流れに沿って、今自分が何をすべきかを理解し、考え行動する力を育てます。自主的に考え行動が伴うと、「できない部分を自分で練習しよう」と誰に言われるでもなく自然に自主練への取り組みへ繋がります。ダンスレッスン以外の学習面やお手伝いなど、違う場面での精神的成長も期待できます。

礼儀、挨拶、マナーなど
コミュニケーション能力

レッスンは「挨拶」から始まり「挨拶」に終わります。学校や家庭以外の場所で仲間と一緒にお稽古する、作品を作っていく過程で、1つの目標に向かい共に努力する中で信頼関係の構築、自己を認め他を受け入れる心の土台を作ります。「自分も他人も大事にする」これからのAI時代に最も大切になってくるコミュニケーション能力を身につけ、豊かな人間性を育みます。

CLASS STYLE レッスン・クラス

岡山では数少ないジャズモダン、クラシックバレエの両方のクラスを指導します。3才のキッズバレエから始めて、集団での指導に慣れて柔軟性や集中力を養うことはとても大切です。6〜7才になる頃に、ジャズモダン、またはバレエのどちらかを選んでジュニアクラスに上がります。両方を受講されているお子さんもいらっしゃいます。アットホームな中にも、一生懸命に頑張る姿は、とても素晴らしいです。